So-net無料ブログ作成

ひとりぼっちのあいつ [『 ‘ 風 ’ を説く無造作おじさん 』]

- 


 仕事をほとんどしていないので、貯えは、徐々に減っている。

   とにかくもう 学校や家には

   帰りたくない~
                   ( 「15の夜 」 尾崎豊 )

 みたいなノリで、仕事をしたくないだけのこと。

 人を納得させられる理由は、何もない。


 いつも行く公園のベンチに座っていた。

 「 風のテラス 」 を抜けた先の大きな公園。

 いつものベンチは、公園の中央を走る通りの両側にある。


 ネットで見つけた仕事の説明書のコピーを読んでいた。

 家でできる仕事なら、ギリギリ気力が続くかなと思い、登録してみた。

 面接なし。年齢制限なし。履歴書提出なし。

 登録するのは、職歴と住所と名前。あと、振込先くらい。

 数日後、仕事(案件)の募集が入った。

 ダメ元で申し込んでおいたら、すぐに 「 担当者にアサインされました 」 という通知が来た。

 それにしても、アサインて。

 最近(いまどき)の表現なのだろうか。

 ‘ しかし、どこの馬の骨とも知れない奴を、いきなり、案件に当たるチームの一員にアサイン(任命)するなんて、どういう会社なんだろう。’

 とは思ったが、どうせ暇だし、ということで、やってみることにしたというわけだ。

 そんなダメ元仕事の説明書をベンチで読んでいる僕に、誰かが声をかけてきた。


 「よぉ~! いつかの……。」

 顔を上げると、あの初老の説教おじさんだ。

 「あ、どうも、おひさしぶりです。」

 って俺は何を言ってるんだ。親しい知り合いみたいじゃね~かよ。


 「おまえは、いつも、ひとりだなぁ。」

 と、僕の隣に座りながら、親しげに言ってくる。

 「この近くでひとり暮らししているんで、普通ですよ。」

 「いや、いかにも、おまえは、ひとりが似合い過ぎてる。」

 はぁ? なんだいそれは、と思ったが、

 「それは、どういうことでしょうか。」と、僕はクールに聞いた。

 「おまえ、ひとりが好きだろう。」

 「え?」


 僕は、言葉に詰まった。

 確かに、そうだ。

 僕は、ひとりでいるのが、相当に好きだ。

 人間関係は、ご他聞に漏れず、疲れる。

 多かれ少なかれ、誰もが何らかの悩みを抱え、最も多いその内容は、人間関係だというデータを見たことがある。

 気楽な人間関係ならいいが、緊張を強いられる人間関係の方が少なくないことは、ほとんどの人にとって避けられない事実だ。 

 特に僕に関しては、たとえ気楽な人間関係でも、最低限の緊張はある。

 いずれにしろ、全くのノーストレスな状態はないということか。

 とはいえ、全くの孤独だと、これまた耐え難い。

 やれやれ、漱石の 「 草枕 」 の冒頭みたいだ。


 ひとりが好きか。それとも嫌いか。

 結局、‘ 程度の差 ’ でしかないということだろう。

 ひとりが好き。

 人といるのが好き。

 それは白黒はっきりさせられるものではなく、その時々で揺れ動いて、僕たちは生きているのだろう。 

 どこにいても、双方の要素を含み、それゆえに矛盾した居心地の悪さは避けられない。

 全てが、バランスであり、今、自分がどの位置にいると最も心地いいかを、是々非々で知ることが、僕たちにできる全てなのかもしれない。

 時に、ひとりが癒しになる。

 時に、人といることが癒しになる。

 只、僕は、明らかに、前者に傾いている。


 「おまえ、ひとりが好きだろう。」

 その通りだ。

 あるいは、寂しさを、深く深く抑圧しているだけのかもしれない。


   淋しくないか ひとりの夜は

   話す相手は いるのだろうか
                                     ( 「 おやすみ 」 谷山浩子 )


 優しい言葉だ。   

 ひとりぼっちの苦しさを知っているから、ひとのそんな苦痛を心配する。

 そのような優しさは、僕には、たぶん、ほとんどない。

 僕にとって、ひとりは、少なくとも、耐える対象ではないから。

 だから、そのような優しさを与えることもできないし、きちんと受け取ることもできないだろう。

 そんな僕に、人は、きっと、こう言うに違いない。

 「心の寂しい人だ。」と。  


 僕は、初老のおじさんに言ってみた。

 「おじさんも、ひとりが、似合い過ぎてるよ。」

 「そうかぁ。俺たちは、似た者同士ってわけか?」

 「寂しいときは、ないの?」と、僕は敢えて、無邪気に聞いてみた。

 おじさんは、言った。

 「もし、寂しさで、心が不幸になるなら、おまえは、寂しさに弱みを握られていることになる。」

 やれやれ、ここで、説教か。

 僕はさらに、自分の聞いてみたいことを、ずるいマスコミの記者のように一般論化して聞いた。

 「そんなややこしいこと言ってたら、おじさんのことを、『 寂しい人だな。』 って、みんなが憐れむんじゃないかな。」

 おじさんは、にっこりして言った。

 「本当に憐れなのは、どっちかな。」


 おじさんの笑顔には、無理も誇りもなかった。

 そこが、僕とおじさんの決定的な違いなのだろう。

-

-

-

-

-


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。