So-net無料ブログ作成
頭のいい国 日本! ブログトップ

差別の誘惑 [頭のいい国 日本!]

 相手を黙らせる武器としての言葉の内、極めて有効なものの一つとして、‘差別’がある。
 小学生の時、‘えこひいき’という言葉で、中学生の時、‘サベツ’という言葉で、先生をあるいは同級生を責めている生徒の、快感と興奮に満ちた目を、僕は忘れられない。
 この言葉は、反論を許さない無敵の言葉であるから、人をバッシングする快感を得るのに打ってつけの道具である。
 「差別だ !! 差別だ !!」。
 こう言われたら、いやいや……と、言い訳がましく、差別でないことを弁明するか、あるいは、「差別ではない。‘区別’だ。」と上っ面の言い換えでごまかすしかない。
 現実に事実として、あらゆる存在に差別がある。その事実に、具体的に直面した瞬間、たとえば他人の劣悪な状態を見た時、僕たちは、優越感、嫌悪感、排除願望といった‘一次感情’を持つ。もちろん、その際の感情を正直に言葉にしない。一般にあらかじめ忌まわしいとされる差別というものを是認したことになるからだ。そして、僕たちは、その感情をなかったことにして無意識送りにする。この工程を瞬時に躊躇なくやれる度合いを欺瞞指数と呼ぶとしたら、この数値の高い善良な優等生は、一方で、無自覚な残酷性を際限なく発揮する。自信に溢れた両刃の剣には注意が必要だ。
 そもそも、誰もが持つ自分自身の幸福への意志が、差別化への欲望である。
 一般に人が望むほぼ全ての幸福は相対的なものである。言ってみれば、現時点の世界全体の富の内で、より自分の取り分を増やそうという意志に過ぎない。つまり、その等量の不幸を他人に請け負ってもらう幸福である。
 地質時代の貯蓄である化石燃料の消費と環境破壊という犠牲によって、僕たち人類は、うまく分配すれば、世界中の人々一人ひとりが必要最低限以上の生活をするのに十分可能であろう富を得た。
 僕は、目に星を輝かせて、♪イマジン・ゼアズ・ヌオー・ハブン などと、能天気なラブ・アンド・ピースを唱えているのではない。
 国境があってもいいし、各国の防衛費をそのままにしておいてもいいのだ。それでも、おそらく賄える。
 だが、決してそうはしない。
 僕たちは、総量としては十分な富を分け合う代わりに、どこまでもどこまでも富の偏りを再生産し続ける。
 なぜか。
 現在の歴史上かつてないこの世界の富の総量自体が、ラブ・アンド・ピース大好きミュージシャン同様、幸せへの差別化を図る個々人の剥き出しの欲望が生み出したものだからだ。
 もし共産主義よろしく、無理に分配を平等化すれば、我々の意欲が失われ、富の総量は激減し、行き渡るだけのレベルを割ってしまうだろう。皮肉なストーリーである。
 どうやら、この地球の摂理は、矛盾ありきらしい。
 自分の差別化への欲望が、富を生み、その反面で等量の不幸を生む。そんな差別化によって幸福になった者が、次は、差別を否定する。憎しみを受けるからである。既に自分の幸福を得た者にとって、この社会は平等でなければならない。多かれ少なかれ、彼らは新自由主義寄りになる。みんなが自由で、機会の平等が行き渡れば、今の自分の財産を脅かす不満分子は消え、世界は丸く治まるはずだから。
 だが実際は、人の能力の前提に差別がある以上、制度を平等にすればする程、その差別は露骨化するという現実を、今、僕たちは、目の当たりにしている。
 さて、どうするか。
 その問いは、個人に、僕に、常に投げかけられている。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

有事が暴いてくれたこと [頭のいい国 日本!]

 3月11日。
 あの地震が起きた時、まずは、石原都知事と同じく‘天罰’という言葉が脳裏をよぎった。
 石原氏が話した文脈を無視して「天罰」という言葉だけに反応した大マスコミは、お約束芸だった。
 
 図らずも高濃度の放射性物質垂れ流し、世界の環境テロ国家となった日本に対して、義憤に燃えたどこかの国の結社が、日本人の普通の市民を大量虐殺したとしても、我々は、その‘国家’に報復する資格はない。
 それが、民主主義国家を自称することの厳しさだ。
 仮に、北朝鮮や中国が、彼らの正義と将来の勝算を持って、東京に核ミサイルを撃ち込んでも、我々日本は、相手国に一般市民の虐殺を含んだ報復をすることはできない。
 独裁国家の責任は、独裁者にあるからだ。
 
 菅総理が、ますます失政を重ね、さらに多くの二次災害の被害者を増産したあと、仮に「選んだおまえらに責任がある。」と、半笑いで主張しても、主権者である我々が憤る資格はない。
 この国家のどんな悲劇も、一人ひとりが笑って、誰をも恨むことなく、受け入れることができる。
 それが、民主主義の美しさだと思う。
 
 我々日本人は、これからも、おそらく、統治能力のない政治家や、何より利権を大切し、原発推進に燃える代議士たちを、結果的に政界に送り込み続けるのだろう。
 悲劇が来た時、考えず、悪者を探し、被害者の立場でのみ非難し、やがて忘れる。
 それは愛らしいことのようにも思える。
 
 できることは、‘私’が正しくあることだけである。
 僕は、啓蒙を信じていない。
 
 天罰は、マスで起きる。
 正しくあることで、その個人が天罰から逃れることはできない。
 救いは、無責任という悪に加担していないという自覚だけである。
 それだけでも、民主主義は、いい。 
 
 この民主主義国家で、それに参加しない大多数の人たちと、そのことによる次の悲劇までのあいだ、僕は、もっと真剣に生きる必要があるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
頭のいい国 日本! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。