So-net無料ブログ作成
古典ポップス体験 ブログトップ
前の3件 | -

俺は‘こいつ’を愛してる。 [古典ポップス体験]

 ハロー ベイビー。  1652033
 音楽を聴いて、初めて鳥肌が立った時のことを覚えているかい?
 俺の場合、それは歌い手の声自体によるものだった。
 それから後は、詞で、メロディで、といった具合に、それぞれ別な歌い手、別な曲で、それは、やってきた。整理すると、
 
 
 メロディライン
 その後、何年も経ってから出会った種類めの理由は、その人の醸し出すスタイル(かっこよさ)のオーラだった。
 ここでは、について綴ってみたい。
 それは、シングルレコード、あの「抱きしめたい」のB面に潜んでいた。
 「This Boy」。邦題──、「こいつ」。
 期待もせず何気なく聴くのには、格好のタイトルだ。
 だから、余計、僕にとってのサプライズになったのかもしれない。
 Aメロは、彼らお得意の3重ハーモニー。
 と、サビに入った。ジョンの独唱。古期ロックンロールのような、ブルース歌謡のようなメロディ。
 
 Oh, and this boy would be happy,
 Just to love you, buy oh my-yi-yi,
 That boy won’t be happy,
 Till he’s seen you cry-hi-hi.

 それは、必死切ないとでも言うべき「哭(おら)び」だった。特に具体的に言うと、上の2行目後半の「バオマーーーー・ザッボーイ」のところ。
 思わず、「もういいよ、わかったわかった。」って言いそうになるくらいの叫びに、当時中2の俺には聞こえた。
 昔、ある心理学者が言っていた。「基本的に必死っていうのは、人にとって、かっこ悪いことなんですよね。」
 たぶん、それはその通りなんだろう。だから、感動したんだと思う。涙が出そうになったんだと思う。
 人が、なりふりかまわない時、ふいにリアルが立ち上がることがある。それを俺は、生まれて初めて見た(!)のかもしれない。
 レノンが、自分の少年の頃を回想して、「あの頃、ロックだけがリアルだった。」と語ったことがある。彼は、生後18ヶ月で親の離婚に遭い、18歳で母親を交通事故で失っている。
 年齢的に、まともに受け止めるには大き過ぎる悲劇の中で出会ったロックという劇薬。
 その時、ジョンは、悟ったのかもしれない。「リアルだけが、哀しみを越えさせてくれる」と。
 そして、たぶん彼は、その体験に基づいて歌った。
 何十年の時を経て、僕に伝わったのは、きっと、その体験自体の真実(リアル)だったのだろう。

 そういえば、『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』っていう奇妙なタイトルのアルバムを出した歌手が昔いたらしい。実感を言葉にしたら、論理的におかしなことになることは、往々にしてある。
 例えば、女性が思ってすぐに言葉を発した時に、そういうことがよく起きる。男は、その時、整合性や首尾一貫性のなさを指摘して、とりあえず笑うのだが。

 本気で恋している女性を見て、「あぁ、そんなに好きなんだ。」ってことが、強く伝わってくることがある。そんな時、心が動く。
 ラブソングに俺が求めているのは、そんな感動だったりする。
 冒頭に挙げた4項目の内のは、そういう意味での初体験でもあった。                                                

 


Is ‘Love’ real for you ? [古典ポップス体験]

久しぶりに渋谷陽一のDJを、ふらりと‘TVで’聴いた             
『ビートルズ・ソロ特集』
っていうベタなタイトルの企画番組(解説:渋谷陽一・松村雄策)
でも見始めると、やっぱり見入ってしまう
条件反射で蘇る10代でしか起こらないあの強い憧れ感
ジョン・レノンが「Love」を歌っている1652035


 Love is wanting to be loved
 Love is asking to be loved


ここを、松村雄策は、
「愛は愛されたいと願っている」
と訳していた
これに、僕は図らずも、ハッとしてしまった
直訳っちゃあ直訳なのだが
普通は、wanting asking も、動名詞的に訳すところだ
そんな僕の偏見のおかげで
その訳文が新鮮に映ったのだ
つまり、恋している時、もうその感情は
「愛されたい」という望みと一体ってわけだ
やれやれ、身もふたもないな、と思った
恥ずかしさと怖さを合わせたような感情が来た
裸にされた気分だった
わかったよ わかったから
「たとえ、好きになってくれなくてもいい
でも僕は、君が好き」
みたいなインチキ口上は、もう言わないよ

 

 

 

 


タグ: LOVE レノン

幸せの責任 ──小田和正論── ⅰ [古典ポップス体験]

1652038

 

愛のない毎日は自由な毎日


 「眠れぬ夜」(オフコース)のワンコーラス目後半に入っているこの1行、ここに小田の素直な実感がよく表れている、そう僕には感じられた。
 男女の恋愛から、ほぼまちがいなく派生する相手への執着による気持ちの嵐、これが結局のところ、男には煩わしいのだ。そう言うと、男女がお互いを思い合うとか、いつも一緒にいたいと願うとかいった、あのあたりまえな恋の常識的価値観を共有できないとは、なんというドライ野郎!という烙印を押されてしまうかもしれない。
 だが多かれ少なかれ、男とは、そういう生き物だ。
 小田は、あの声質に似合わず、男性性の強い気質を持った人間だと、僕は推察している。
 只、冒頭の男性性ならではの実感を、単純に表明するだけでは、一般性のあるラブソングとして成立しないだけではなく、非難のネタにすらまってしまうかもしれない。
 そこで小田は、この1行をすべりこませるために、状況設定的にあとの詞を構築したのではないか。

 

たとえ君が目の前に膝まずいて全てを忘れてほしいと涙流しても


 と、‘僕’が、このうっとうしい状況を拒否したいと願う原因は相手の女にあるという物語を、小田は詞のアタマに持ってくる。なかなかのバランスと周到さだ。
 本当は、小田個人にとって、いや、男性なら誰でも、そんな一般向けな前提を持たなくても、


    愛のない毎日は自由な毎日


 という、この感じは心の基底にあるものなのだ、正直。
そう、男性性の基本は、自由感なのだから。これなくして、恋もへったくれもあるか!なのである。まぁ、そこまで言ったら味もふたもないが。
 執着し合い、束縛し合うことは、逃れがたい恋愛(小田は、これを詞の中で‘愛’と呼んでいる)の必然だろう。体験すれば誰にでも分かること。
 さてそこで、どうするか。普通は、いわゆる‘ままならぬ現実’ということで受け入れるのだが。
 しかし、小田には、ある必殺技があった。あるいは男性性の強い(それは必ずしも性的に強いということではない)小田だからできたのかもしれない愛と自由を両立させる必殺技。
 僕はそれを、「切なさの道具化」と呼んでみた。

 

 


前の3件 | - 古典ポップス体験 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。