So-net無料ブログ作成
検索選択

タモリの在り方 [いつまでたっても テレビっ子]

- 

 「笑っていいとも!」が終わって、一月が経とうとしている。

 あっという間に過ぎていった年月に驚くたびに、浦島太郎の玉手箱を思い出す。

 「何という年月が経ったんだ。」と。


 始まったものは、必ず終わりを迎える。

 「いいとも!」が終わった時も、そんな摂理を、改めて認識させられたような感じだった。


 タモリには、昔から、悲哀と厭世観のようなものを感じていた。

 僕は、お笑い番組を見て、人並みに大声で笑う人間ではあるが、その笑いは、「絶望の次の笑い」だ。

 タモリのことは、「オールナイトニッポン」の時代から知っているが、その頃から、彼は、悲哀を‘ 表現 ’する人(歌、小説)が大嫌いだと公言していた。

 そういうことを、聴取者がお笑いとして聞くことを想定していたであろうが、そこには、多くの本音が含まれていたと思う。


 そんな彼が出演したテレビドラマや、音源として発表されている歌から、僕は、リアルな悲哀感を感じ取っていた。

 それらは、彼が、自らの悲哀を表現したものではない。

 渡された脚本に即して演じ、おもしろアルバムの企画に沿って作った曲を歌っただけのこと。


    闇の中 カミソリの七つの月寒く

    空の果て 時流れ

    流れ流れたわが身

                (「惑星流し」  『ラジカル・ヒステリー・ツアー』から)


 タモリ演じる、とぼけた男が、いろいろな冒険に巻き込まれ、最終的に、宇宙の最果ての刑務所に収監され、監獄の小さな窓の外の真っ黒い宇宙を見ながら歌っている。


    帰るあてもなく 明日を待つ身

    微笑みまで消えさす

    虚しい窓よ


 もちろん、彼個人は、不幸ではない(はずだ)。

 芸能界で成功し、巨万の富も得ている。

 だが、おそらく彼には、成功以前、以降、変わらない芯の部分がある。

 それを、僕は、彼から、ある種の悲哀感として感じたのだと思う。


 「いいとも!フィナーレ」の後半、「いいとも!」の歴史と共に成長したタレントたちの多くが、タモリには怒られたことがないと語った。

 通常、人を怒る人は、自分に自信があるからである。

 そして、少なからずの人が、そんな人から怒られたいと望んでいる。


 タモリが、人に叱りつけるようなことがなかったのは、

 自信のあるなし以前に、自信を持つということ自体の虚しさを知っていたからだ。


 「いいとも!フィナーレ」に会した、第一線で活躍し続ける怪物たちは、それぞれが、自分を押し出し主張するフロントマンである。

 自信とプライドに溢れた彼らに、巨大な神輿として担がれたフロントマンが、彼らと全くの対局にあるタモリだったという事実は、感慨に値する。


 「いいとも!」の打ち切りが発表されてから、ネット上で、ダウンタウンと爆笑問題の共演の可能性が、繰り返し語られていた。

 それは、お笑い好きのネットユーザーの思いつきや捏造でしかない、いつものうわさ話だった。

 実際、番組制作者の進行では、これまで通り、共演NGの芸人同士は会わないように段取りされていたようだ。

 ところが、本番生放送で、それは起きた。


 さんま・タモリのトーク時間の長引き。

 しびれを切らして出てくるダウンタウン。

 松本の「ネットが荒れる」発言。

 それに呼応して、とんねるず 石橋が、爆笑問題 太田を引きずり出してくる。


 台本では、決して発想できない流れだ。

 直後、勝俣州和は、「いまのが(リハーサル通りにしないハプニング)『 いいとも! 』の集大成ですから。」と言い、

 爆笑問題の田中は、タモリへの贈る言葉で、「奇跡的なすごいこと」と表現した。


 部外者にとっては、たかが、お笑い界の人間関係の話だ。

 只、社会というのは、人間関係でできており、ほとんどの人間にとって、最もシビアに関心のあることは、この人間関係であることも、また事実である。 


 特に、そこに居合わせた芸人にたちにとって、その出来事は、確かに奇跡だった。

 が、その場の中心にいたタモリにとっては、意外と、それほどの関心事ではなかったのではないかと、僕は推測する。

 その奇跡的な現象が起きるためには、それに巻き込まれていない中心が存在する必要があったのだ。

 もちろん、彼は、そんな役割を自ら意図していない。

 その時間帯、番組主役の彼が、孤独にすら見えた。


 本当の悲哀を知る人は、悲哀をこれ見よがしに表現する人に、卑しさを見る。

 タモリは、そんな人だ。

 かつて、赤塚不二夫の告別式で、彼は自分を「あなたの数多くの作品の1つです。」と語った。

 意図的に名言を創作したように取る人も多いだろうが、これは、彼の正直な言葉だと、僕は思う。


 石橋は今回、それをパクッたというていで、自分を、タモリが残してくれた作品と言って一笑い取った。

 しかし石橋もまた、このパロディに乗せて、一抹以上の真実を語っていた。


 確かに、見出された人は、見出した人の、ある意味作品なのかもしれない。

 タモリは、作品を生きることで、欺瞞の外にいようとしているのだ。

-

-

-

-

-


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。