So-net無料ブログ作成

やっぱり猫が好き [泡沫の感興]

 犬の顔を見ていると、突き出した口の部分(口吻)を握りたい!という衝動に駆られる。

 以前、犬の図鑑に、こう書いてあったのを、歯医者かどこかで読んだことがある。

 「人に対して、されて嫌なことをしてはいけないのと同じように、犬に対しても、そんなこと(口吻を握る)をしてはいけません。」

 それまで、自分だけの衝動かと思っていたので、ややびっくりした。

 意外と、あるあるだったんだ。

 それにしても、図鑑に説教されるとは。

 犬の口吻。

 同じような太さの代替物をあてがわれても、あの独特の心地よさは味わえない。

 表面が柔らくて、中に骨が入っていること、生きていること。いろいろ理由があるのだろうが、とにかく他のものには代えられない感触だ。


 猫の口吻も握りたくはなるが、いかんせん、小さ過ぎるので、人差し指と親指だけで握ることになる。

 残りの指は、目の部分を含め、頭全体を握ることになるので、結果的に、猫の鼻と口だけ外に出た状態で、頭全体を握ることになる。

 とはいえ、その感触も気持ちいい。名付けて、「猫の頭握り」(そのまま)。

 よその猫、つまり、いま会ったばかりの猫に、それをやろうとすると、された猫は、かなり慌てる。

 当然だろう。頭を撫でられているかと思っていたら、いきなり、ぐっと、全体をつかまれるのだから。

 だが、猫が、そんな様子を見せるのは、一瞬だ。

 僕が握った手に手加減があることを悟った途端、その猫は、警戒心を解いて、身を任せるようになる。

 おそらく、本能的に、痛い=敵、痛くない=味方と判断するのだろう(他のやり方でも実験済み)。

 その時、その猫は、昔、子どもの頃、母親に首をくわえられた時の、あの感触を思い出しているのかもしれない。

 なかなか、いい憶測だ。
 

 猫と犬。

 純粋に、口吻の握り心地だけで比べたら、やはり、犬がいい。

 ただ、トータルで比べたら、僅差ではあるが、僕は猫の方が、より好きだ。

 理由は、いろいろとあるが、たとえば、

 猫は、おすわりした時、ほとんどの場合、左右の手(前足)を揃えている。

 そこがいい。

 犬は、猫に比べれば、すわり方が大雑把だ。

 犬がおすわりしているのをよく見てみると、後ろ足が、女性の横座りのように、外へ流れていたりする。

 猫は、決して、そういうだらしないことはしない。

 自然に、足を揃えている。前も後ろも。

 自然に、というのが、ポイントである。 

 たとえば、人間の女性の場合、椅子に座った時、足を揃えるのは、美しく見せようという ‘ 下心 ’ があるからそうしている。

 猫は、そんな意図も戦略もなく、只、そうしているのだ。

 そこが美しい。


 子どもの頃、猫が ‘ こんもりポーズ ’ (猫がよくやる前足も後ろ足も折り曲げて、固まったような、あの安定した形)でいるとき、

 僕は、いたずらで、猫の片方の後ろ足を握って、体の外へ引っぱり出したことがある。

 もちろん、その猫は、外に出された足を、すっと体の中に入れたのだが、問題はそのあとだ。

 すぐに、体を左右に揺すりながら、後ろ足の形を整えていたのだ。

 おお~!

 猫の、この ‘ シンメトリー ’ へのこだわり。

 半端ではない、と思った。

 美しく見られようとしているのではなく、美しくあろうとしている。

 そんな猫の気高さに、僕は、心が惹かれるのだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。