So-net無料ブログ作成

大きな彼女に惹かれる理由 [見て取られた自己]


 かなり以前の記憶だが、ダウンタウンの松本が、

 「大きな女の人って、どうですか?」というような質問に答えて、

 「(つきあうなら)小さい女より、大きい女の方が、‘ お得感 ’ がある。」

 という表現をしていたのが、妙に印象に残っている。

 何となく、分かる。

 男が、小さいこと(小男)をコンプレックスにするように、女は、大きいこと(大女)がコンプレックスになるようだ。


 昔から、よく男が犬に例えられる一方で、女は猫に例えられてきた。

 勝負に負けた男は ‘ 負け犬 ’、旦那を寝取った淫乱女は ‘ 泥棒猫 ’ というふうに。

(10年くらい前に『負け犬の遠吠え』というエッセイがベストセラーになって以来、女性も犬に例えられるようになったが)


 通常の大きさの女性が猫だとしたら、大きな女の人は、オオヤマネコ、もしくはヒョウ(豹)ってことになるだろうか。

 僕は、猫が好きだから、必然的に(!)、ヒョウも好きである。

 もし、ヒョウが目の前に現れたら、理性では危険だと分かるのだが、いかんせん猫と同じ顔をしているので、どうも本気で怖がれないような気がする。


 爆笑問題の田中が以前、「猫の顔は、地球上の全生き物の中で、いちばんかわいい。」と言っていた。

 たとえば、新垣結衣が相当かわいいと言っても、それは、人間の範囲内での話だ。

 猫は、‘ 全生き物 ’ 中でのトップだから、レベルが違うということだろう。

 同感である。


 猫を抱っこすることは相当好きだが、その延長線で、僕は以前から、狂おしくやってみたいことがある。 それは、


 ヒョウの胴体に、しがみつきたい。


 この願望を、あえて人間に当てはめれば(!?)、

 僕は、大きな女の人とつきあいたい。

 ということになるのかもしれない。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。