So-net無料ブログ作成
検索選択

「やさしくなりたい」 という願い [『 ‘ 風 ’ を説く無造作おじさん 』]

- 

 公園の街路樹通りのベンチで、たいやきを食べていた。

 これと、ホットコーヒーが絶妙に合う。

 ホットコーヒーは、大福とも合う。


 浮浪者風の初老の男が近づいてきた。

 ん? あれは、こないだ大戸屋で話しかけてきたおじさんだ(「風にたゆたう答え」)。

 「よぉ~!」

 と言って、隣に座ってきた。

 やれやれ。僕は、人の目を気にして、思わず左右を見た。

 このおじさんと知り合いと言えなくもないので、無視もできない。

 「どうだい。神さまと話せたかい?」

 開口一番、それかい。

 僕は、また左右を見てしまった。

 「もちろん、話せてないですよ。そんな簡単なもんじゃないでしょ。」

 「そうか。」

 会話終了!

 と思っていたら、おじさんは、じっと僕の顔を見ながら言ってきた。

 「おまえの顔、男気があるな。」

 「オトコギ? 僕の顔がですか?」

 何を言っているのだろう、このおじさん。

 「どういうことですか?」

 「たとえば、おまえ、人に足を踏まれたら、怒るだろう?」

 「ええ、まぁ。」

 「怖い顔になるだろう。」

 「なりますねぇ。怒っているわけだから。」

 「どうして。」

 「踏まれて、痛いからですよ。」

 「踏まれたのは足だぞ。足が怒ればいいじゃないか。」

 「はぁ?」

 何だ、この会話は。僕の怪訝な表情にはおかまいなしに、おじさんは続けた。

 「顔と足。結構は距離だ。たとえば蟻にしたら、ちょっとした遠出だ。おまえだったら、すぐタクシーを拾おうとするだろうよ。」

 確かに。僕は、歩いて5分の所へ自転車で行く男だ。ん? いやいや。蟻の場合は、蟻の頭と足の距離だろう、そこは。

 と、僕は心の中で突っ込んで、彼の話を聞くことにした。

 「足を踏まれて、おまえの顔は怒りの表情になる。踏まれたのは、足なのに。つまり、おまえの顔は、人のことを我がことのように怒った。一瞬にして。」

 「それは、顔も僕。足も僕。一体ですから。蟻にとっては長距離でしょうが。」

 「そうか、そうだったな。もともと一体だもんなぁ。なるほど。それで、俺は、おまえの顔を見て、男気を感じたんだな。」


 男気。この言葉に、おじさんは、どういう意味を込めたんだろうか。

 自分の理念によるポーズとか他人の評価とは関係なく発動する優しさ。

 みたいな?

 少なくとも、僕に、それがないことは確かだ。

 そのことを、僕は、事あるごとに確認させられて、その度に、寂しくなるのだ。


 「もともと一体のものを、一体にすることはできないよな。」

 そう言って、おじさんは、よいしょと立って、どこかへ歩いて行った。

-

-

-

-

-


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。